スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朋友~東北関東大震災~

27日(日曜)、野田村へ災害ボランティアとして久慈JCの有志と、カシオペア、八戸、鹿角、十和田、三沢のいわゆる南部州の方々が集まって片付けのお手伝いをしてきました。
30名ほどと聞いていましたが、それを上回る50名以上のメンバーのみなさんが集まってくれました。

本当にありがたいです。
そして、感謝の気持ちでいっぱいです。

元越戸商店に集まって、班編成し現地の住宅周辺の土砂やゴミの撤去、一般宅の清掃などを行います。
さっそく徒歩で役場前まで移動し、トラックにて役場の近くの住宅地の土砂撤去活動に入りました。

気がつくと、すでに洋野町商工会(種市、大野)の若手部隊が片付けを先行して行っておりました!
高城くんや高柳先生がガツガツと若手を仕切り片付け作業を行っています。す、すごい勢いです。

我々も負けてはいられません!
さっそく行動開始!
車が頻繁に行き交う細い道路。
その路肩に山積みになっている土砂の撤去を行います。
なかなかすくいあげることができず、重くてしかも木片が多く含まれているので手作業が多くなります。

ですが、この人数でもってすれば、土砂の山もあっという間に撤去できます。
トラックのピストン輸送で瓦礫の山が消えていきます。
時間も気がつくとお昼に。動いた後のお昼は格段おいしいです。

午後からは、久慈工業へ向かう道路、まるきん大沢菓子店や伊東薬局の奥さん実家前の片付け、主に歩道の土砂の撤去です。
歩道は泥や流木などで全く見えませんでした。
道路を歩くしかなかったので、30名近いチーム八戸さんを引き連れ、ガツガツと片付けに入ります。トラックのピストン輸送が追いつかないくらいの勢いです。
この“マンパワー”はすばらしいです!
やはり人数いればやれること、意気込みも格段違います。

見えなかった歩道も懸命の活動ですっかりきれいに片づけることができました。
ちょうどその時、チラチラ降っていた雪がシンシンと大粒の雪に変わり、前が見えないくらいに降りつけました。
まるきんの裏手を片付けていた、久慈・鹿角・カシオペア連合も一段落し撤収です。

まるきんさんからは、一服の缶コーヒーをごちそうになりました。ありがとうございます!

とてもじゃないですが、ここまで片付けるには人手がないとできないことです。
今回の片付けボランティアは毎週しばらく続けていくということのようです。
遠くからお越しいただいたメンバーの皆さん、本当にありがとうございました。
また来週も!と言ってくれたゼミ仲間・大坂くんと堅い握手を交わしました!

まだまだ被災地では復旧に向けた動きが取れないでいます。動けるオレたちが、少しでも役に立てれば幸いです。
いろいろと忙しい中で、ぜひ動ける方は参加いただければと思います。ただ、みんな仕事に家庭に日々大変だと思います。無理せず、できるところで構いません。やれることからやっていきましょう!


助け合い・・・
困っている“朋友”が目の前にいるとき、手を差し伸べる、そんなわたしでありたいです。
スポンサーサイト

迷う携帯

ガソリンが乏しくなってきたので、川貫の細谷地さんに並ぼうと朝早くから行ってみました。
さすがにまだ空いていませんでしたのでしばらくローソン駐車場で待機・・・

CDはレディーガガの「Poker Face」が・・・

最近Myケータイの調子が悪い

電波があったりなかったり
通話していて突然切れたり、それにオレがキレたり・・・

ケーズデンキの稲葉くんに聞いてみたら、基盤が壊れている可能性があるとか。
落としたり、ぶつけたりすると基盤が損傷してしまうとのことで、可能性大なわけで。
その時、新しいケータイのパンフレットをもらってきておりました。

車内でそのパンフを見ながら、そろそろ買い替え時かな・・・とおもってしまったわけで。
使うと長く使う方なのですが、いざ買い替えと考えるとなかなか勇気がいるわけで。
愛着がわいてしまうんですよね。今まさに車がそうなんですが

でもって、スマートフォンがいいのかな・・・
三浦春馬くんがイメージキャラクターのauスマートフォン・TOSHIBA REGZA・IS04が狙い目と考えております。
ポイントもかなりたまっていたので、それつかって移行しようかと。

この震災で、ケータイのありがたさをいやがうえでも思い知ったので、それを考えると、メーカーや携帯電話各社の動向も気になるわけで・・・

今すぐじゃなくてもいいかな・・・と考えると、パンフレットを閉じてしまっていました。

なかなかつながりにくいかと思います。でもって電話に出られないことも多いので大変迷惑かけていますが、着信くれれば必ず折り返しますので、気長に待っててもらうと嬉しいです。

すっかり生活の必需品になったケータイ。一人一台の脅威の成長端末はどこまで進化するか・・・

ぽぽぽぽ~ん!~東北関東大震災~

この震災でTV各局は民間CMを自粛しているわけですが、その中で、組合みたいなのがあり、会員からの会費でCM制作しているのが、旧公共広告機構、現在の「ACジャパン」であります。

ACのCMがウザい!

との苦情が殺到しているとかで、かなりのお怒りを受けているようです。
なぜでしょう?

それは、CM自体に問題があるわけではなく、頻度の問題だと思います。全局一斉に自粛したもんだから流せるCMが限られているわけで、どうしてもループさせるしかないんでしょうね・・・

そこで、提案

こういう枠を、被災された皆さんの安否確認に利用できないか?
よくリポートして無事を伝えたり、連絡を取りたい人へのメッセージを送ったりしていますよね!
あれですよ

あとは、被災状況を映像で放映したり、救助の様子などを流すとか・・・見たくないかもしれませんが、そう言った現状を知ってもらうのにはいいのかと思ったんですが・・・。
かなり内陸と沿岸の温度差みたいなものを感じています。
もう内陸部では通常の生活がおくれているわけで、自分も被災地でありながら被害がほとんどなかったわけで、そういった事象を風化させないためにもどうなのかな・・・と思ったんですが。

見たくもない。

と言われればそれまでですし、まだまだ余震が続いている現状を考えると、自粛ムードも湧いてくるでしょう。
でも、こういう時だからこそ、オレ等は今こうしているんだ!というのを教えてあげる機会になると思います。

ある方がブログで言っています。

「・・・東北は根性があるから、すぐ復興すると思う。
俺たちにできることは、それを支援することしかないと思う。
それには、何も被害のなかった俺たちがガンガン金使って経済を動かすしかないだろう!
金余ってる連中はガンガン使って、募金したり、寄付しろよ!
歌手や芸人はチャリティーイベントとかやればいいだろう!
高校野球始るんだから、プロ野球もガンガンナイターやればいいんだよ!
飲み屋も開けて、みんなで飲みに行けばいいんだよ!
みんなが自粛すれば日本が沈没しちまうぞ!・・・」


コピペすれば×と思い、書いていた分を柔らかくして載せてみました。
今度の書き込みに載せようと思っているんですが、こんな状況下に会社(法人・個人事業)はどうしたらいいのかという点で、こんな時だからこそ、雇用や創業に積極的に支援する枠組みを建ててほしいでしょうし、自粛はもう解除してもいいと思います。今ライフラインが復旧してきた中で、やれることをやろう!というのであれば、やれることは元の生活を取り戻すこと!だと思います。
復旧したところは、今までやってきたことを普通にやり始めていけばいいんじゃないかな・・・。

できることをやる!
何かできないか?というのであれば、どうか皆さん、お金使ってください。


東北のいい物たくさんあるじゃないですか!
お米にお酒、海産物もありますよ!漁獲は厳しくなると思いますが、そういったところで使って資金が集まれば、復興も早まると思います。
募金(義援金)もどこに使われるのか、ポッケに入れないで、しっかりとこっちに使ってもらえればと思います。

地震保険の被害補償額が1兆円を超える勢いだそうです。
今まで見たことがない被害額が算出されました。
このまま全部補償すれば、損害保険会社はもしかしたらどこかつぶれてしまうかもしれません。
憶測ですが・・・



経済の生業ヒトモノカネ

この3つが、すべてです。

あれ!?なんかそれらしい書き込みを先日したような・・・

それではみなさん、明日に向かってぽぽぽぽ~ん!


元気を出して!~東北関東大震災~

ひさしぶり!?のブログ書き込みのような気がします

ここ数日、午前中は災害ボランティアセンターに、午後からは友人宅の片付け手伝いと慌ただしい時間を過ごしていました。おかげさまで痩せれそうな気がしてきました。

ボランティアセンターでは、現在300名以上の登録者があり、一日約100名ほどが来ております。
ほんとありがたいです。昨日は平日とあって若干減りましたが、それでも80名ほどが参加されました。
市役所掲示板
そんなボランティアの中に、こんな方が・・・
えーすけ
おっと!人相の悪そうなあんちゃん(爆)
栄輔くんことえーすけくんです。彼、実は元部下というか、後輩です。
何かできないかと手伝いに来てくれています。偉い!!よく来てくれた!!
若い力が明日の久慈を支えてくれていると思うと、オレの非力さに胸が痛むます・・・

佐久青年会議所からのメッセージ
市役所の掲示板には、(社)佐久青年会議所からの応援メッセージが貼られていました。

「がんばろう東北!!がんばろう日本!!」
「未来を信じて!一人じゃないよ!」


この言葉は、被災された皆さん、そして救援に向かっている皆さんの勇気と元気を与えてくれます
こういうメッセージがたくさん寄せられています
一枚一枚、掲示板には貼られています。皆がそのメッセージを見て、元気と勇気に希望をプラスして立ち向かっています!

もっと、もっと、いっぱいいっぱい書き込みしたいことたくさんあります。
批判、非難、グチ、板挟みの状況、足腰の痛み(筋肉痛)、熟睡できない、ラーメン食べたい(爆)
一言一言がその人間を堕落させてしまうと思います。ため込むのも良くありませんし、こういったことはここで書き込まなくてもいいのかな・・・と思うとなんかむずむずしちゃうんですが・・・。

まず・・・

自分ができること、やれることを精一杯やればいいんじゃないかな。
悔いが残らないよう、例え周りが認めなくても(認めるようにすれば)自分の正しいと思った道を歩んでいきたいです。(間違っていたら教えて下さい・・・)

なんか、ひとりで抱え込んでいるような気がします。

「未来を信じて!一人じゃないよ!」

そのとおりだ。

さて、今日も被災された皆さんに勇気と元気を届けに行こうかな!(お前はアン●ンマンかぁ!?)

やなせたかし
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV


災害ボランティアセンター立ち上げ~東北関東大震災~

一週間が経過いたしました。本当に先週の出来事がついさっきのように思い出されます。
この一週間、被災地、いや東北、日本全国が未曾有の大災害にあったわけです。

地震、津波で被災したところ、福島原発の冷却作業、燃料を求めるガソリンスタンド大渋滞、関東周辺の計画停電、株価の大暴落、買い占めによる物資品薄、輸送手段の謝絶・高速道通行止め、製造業の稼働停止、従業員の解雇、政府の復旧に向けた動きが徐々に見え始めてきましたが、まだまだ被災地に届いていません。

上記以外でも問題山積みだと思います。そんな中、久慈でも嬉しい動きが・・・
さっそく向かおうと、車のエンジンをかけると、
車のランプが・・・
おいおい、ランプがずっと付きっぱなしじゃないかぁ~~~~~~!!!  

果たしてあとどれくらい走れるか・・・頼む、ガソリンもってくれ!

向かうは、田屋町ミニストップ!
体育館堤防側、仮設トイレが・・・ 中央公民館(図書館)堤防側、踏切下
途中、市民体育館の堤防を通過した時、堤防側にひっくり返ってあった仮設トイレ。
これって、もともとどこにあったっけ?
線路の高架下も木材が引っ掛かっていました。

ミニストップで、オーナーおかかをハントし、向かうは「社会福祉協議会」のある福祉の村。
実は今日ここで、久慈広域を中心とした“ボランティア団体”を立ち上げようということで、その会合にJC谷地理事長の代理で法人改革の暇な(!?)二人が出席することになりました。
久慈地区災害ボランティアセンター立ち上げ

「災害ボランティアセンター」
立ち上げについての会議ということで、市内の有識者の方々が参加。二人とも神妙な面持ちで参加いたしました。

被災当日、避難場所に指定されている福祉の村には、約1000人近い避難者であふれ、地震と津波の脅威に不安と恐怖に襲われました。実際家を失った人たちは、帰るところを失い、こうして避難場所で昼夜を過ごしています。

そんな中、「被災者の方々のために、何かできることはないか!?」
という声があちこちで立ち上がり、それぞれ独自の動きをしておりました。
市民団体や、任意団体がその動きを見せておりましたが、その活動はバラバラであり、統一が執れていないのが現状でありました。

JCでも、独自のネットワークを駆使し、野田村に向けてすでに3度の支援物資を届けております。
また、先行して、被災に合われた小学生の方々にランドセルを届けよう!という動きも行っております。


それぞれが単体で動くよりも、一つの個体となり、そこから多方面に支援を行っていこうというのがこのセンターの役割であると認識いたしました。
多くの問い合わせが市役所に来ているようですが、その実態がまだないため、また電話が殺到し収集が取れいない状況のようで、この会が立ち上がることで、一気に支援の輪が広がることと確信しております。

基本となるのは、各市の社会福祉協議会。八戸にはこの団体がすでにあり、動き始めているそうです。
社協の木戸口さんから説明があり、市の嵯峨課長より立ち上げに向けた骨格を打ち出してもらいます。
仕組みとしては・・・

ボランティアに参加したい!
  ↓
市役所3階会議室に設けられたセンターで登録!ボランティア保険にも加入していただきます。
  ↓
ボランティアを必要としているところ、人手が足りていないところ、物資の積み下ろしなどどこに配属するか希望または使命されます。
  ↓
現地に赴き、ボランティアである旨を伝え、現場の指示に従い活動。
  ↓
適度な休憩などを取る、なるべくグループ毎に行動する。
  ↓
時間となり、活動を終えることを告げセンターへ戻る。
  ↓
活動の報告書を記入し、解散。


これが一連の流れです。
登録制となるので、基本連絡が取れる先が明確でなくてはなりません。
市外から来てボランティアをしたい!といっても登録が完了しないとできません。

こういった一連の流れを確認し、参加者を早速今日から募ることに。
募集方法は、防災無線での周知となります。聞き逃した方は、久慈市のHPからでも確認できます。
ボランティアの心得
久慈地区災害ボランティア募集のお知らせ

また逆に、ボランティアを必要としたい方も申し出ていただきたいです。
ただ家が被災し、その片付けでボランティアが必要であっても、プライバシーの侵害ということで拒否する方も出てくるでしょう。
無理にとは言いません。ボランティアでできることさせていただき、見返りは求めません。
食事や宿泊なども強要しません。ましてや金品も求めません。何かできることをさせていただきたいと思います。
すぐに全部ができるわけではないと思いますが、できることを一つ一つこなして、それが大きな団体としてやっていくことで、復興が早急に行われることが期待できます。

今、被災地では何が必要で、何が足りないのか、あまってしまって困った!なんてこともあります。
リアルタイムでできること、それがボランティア活動でできることだと思います。

久慈市だけではなく、洋野町、野田村、普代村など“久慈広域”で活動できるよう広げていくつもりです。

これと並行して、久慈市では災害義援金の受け付けも開始いたしました。
こちらに受付詳細あります → 久慈市災害義援金の受付

仮設住宅の調査も開始致しました。久慈の復興も徐々に見えてきましたね。

一週間は早いです。~東北関東大震災~

もう一週間が経過しようとしております。
時間の早さに驚きと、日々の慌ただしさが感じられます。

昨日も遥海電装さんの片付けを手伝ってきました。
泥だらけになりながらの作業、大木が室内にデーンととどまっているのに驚落してしまいました。

実際、片付けをしながら思ったのですが、こういう状況下で避難場所にいる方々の家々はどうなってしまったのか、流されてしまった人もいるだろうし、とても住める状態ではない人もいると思います。
今後、支援を受けながら、ですが、避難所に留まるわけにもいかないので仮設住宅や身寄りの場所に移り住むしかないわけで・・・
地震、火災は家財を一切合切持っていってしまいます。つまり、何も無くなってしまう身一つなわけで・・・

どうしたらいいのでしょう。

今後を考えると不安と絶望感で眠れない日々を送っていることでしょう。
何かしてあげれたら・・・何かできることがないかと自問自答しながら作業をしていたわけで・・・。

漁協・・・タンクが傾いています 漁船が挟まっています
漁協に行ってみました。
左の写メは奥のタンクが傾いています。右の写真は、漁協の下のスペースに漁船が押し流されてきたのを物語っています。

懸命の復旧に動いています。疲労もピークに達していると思います
支援物資は確実に入ってきていますし、ラインも復旧しています。
元の生活・・・とはいかないでしょうが、片付けや物資の輸送などお手伝いできることはしたいと思います。
商工会議所でも相談窓口となっております。遠慮なくお越しいただければと思います。

昨夜は、節電と思い21時半には寝てしまったので、市内の情報は見た分でしか入ってきていません。
なんでも、すでに今朝の時点で大川目方面の281号道が給油行列で300台以上の大渋滞らしいです
オレも給油したいですが、まだまだ給油しなくても走れます!(ランプがついたり消えたりですが)
半分以上ある人は、ない人に譲って、運転控えるとか、必要な人に提供するとかして欲しいです!

さて、今日も3件ほど仕事予定が入っていますので・・・私服ですが仕事させていただきます

片付けを手伝ってきました。~東北関東大震災~

6日目を迎え、市内でもだんだん動きが見えてきました
中の橋の第一石油で灯油支給されているとの情報を得、灯油が乏しかった我が家と致しましてはいち早くゲットしたいと向かいました。
灯油の整理券
並びましたが、店員さんから
「このまま並んでも時間かかるので整理券を配ります」
と整理券いただきました。これで何とかしのげそうです。

さて、会社の事務所で問い合わせの対応をしておりましたが、うちの会社では社長より「出勤できない方は家族と自宅にとどまることが可能です」という声明文が出されており、社員は自宅待機しております。
実際、片付けの手伝いに行ってきたという社員もいました。
オレもジッとしていられない性質なので、何かできないかと思った矢先、一誠堂・斉藤社長が来館。
遥海電装の四役さんのところに片付け手伝いに行くとのこと。

おっ!

オレも行きます!

続きを読む

情報の伝達~東北関東大震災~

昨夜22時31分頃、静岡県を中心とした強い地震があり、富士宮市で震度6強を観測し、中部地方を中心に東北から中国地方の広い範囲で震度5強~1の揺れを感じました。
気象庁発表では、震源地は静岡県東部で、震源の深さは約14キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.4M、富士山近くが震源ということですが、火山活動などは観測されず、東北での地震による余波かどうかは定かじゃないみたいです。

東京電力の福島原発の状況も深刻になってきました。
今朝も火災があったとかで、寝る間も惜しんで対応に追われている職員に敬意を表したいです。
情報として伝えるべき時は正確に迅速に行ってほしいですし、難しいことはわからないので、どういった対応をしたらいいのか、どんな備えが必要なのかを伝えてほしいです。
東京中心に、微弱の放射能が検出されたとの報道もありました。よろしく頼みますよ!

さて、自衛隊・消防団などの復旧作業も本格化し、久慈市にも自衛隊によく捜索作業及びがれきの除去作業が開始いたしました。
少しずつですが仕事も復帰していかなければなりませんが、いかんせん、ガソリンの燃料が不足しています。
沿岸部は“陸の孤島”になりつつあり、なんとか輸送面など陸路の搬送を行ってもらいたいです。

続きを読む

被災の爪痕~東北関東大震災~

5日目を迎え、徐々に復旧に向けた動きが見えてきました。
現状を踏まえて、写メをアップしてみます。本当は写メもどうかと思ったんですが、記録として数枚アップしてみます。

地震直後、川貫保育園から市内へ戻ってきて、合庁前の大橋歯科となりの空き店舗のガラスが割れていました。
ガラスが割れていました

商工会議所に戻った後、久慈川の堤防へ
久慈川逆流の瞬間
ちょうど久慈川を津波が逆流してきた瞬間です。
久慈川を上流へ逆流していきます 上ノ橋付近

その後不安の夜を迎え、二日目。
二日目の久慈川その1(栄町側から) 二日目の久慈川その2(栄町側から)
栄町久慈中学校の堤防です。水は引いた後です。
白鳥に癒されます

そして、今日。
市営球場へ向かう道路
市営球場、一沢コンクリート工場へ向かう道です。濁流の威力がすさまじかったことがわかります。
車が・・・
コカコーラ倉庫前です。従業員の車が・・・夏井の後輩の車が潰されていました。
丸才前
丸才運送前です。中のものを外に出し、水をかけていました。トラックが戸崎さんの家の前まで流されたと聞きました。早い復旧を願います!
船が 新港へはいけません
漁船が打ち上げられています。新港の方へは進むことができませんでした。
つぶされています 大東建託の建設中のアパート
渡辺釣り具を沼田電気に入り、大沢運送の方へ進むと、大東建託の建設中のアパートの前に。ここまで津波が押し寄せています。

その後、一沢コンクリ事務所前にやってきました。49年会メンバー瀧くんと米内くんが事務所の後片付けをしていました。
声かけてその場を後に、漁協のスタンドで給油しているとのこと。行ってみると・・・ものすごい渋滞。
こりゃダメだ・・・諦めてそのままアンバーホール前を通過した時、
アンバーホールに自衛隊集結
救助隊・我らが自衛隊26連課隊がアンバーホール前に集結していました!その数・・・30~40くらいの車両です。
空は、陸自のヘリが飛び交っています。こういうときの防衛にはいくらつぎ込んでも惜しくありません!
早く、いち早く被災者救援を頼みます!

その後、グランドホテルへ。普代方面に毛布などの物資救援しに行くということで行ってみましたが、すでに第一陣が出発しておりました。こういった救援は非常にありがたいです。そして何より励みになります。

今できることはこういったことしかありませんが、時期が来ることで我々にもできることが生まれてくると思います。
一人の力が大きな力となり、復興の礎を打ち出していくことでしょう。

何ができるかわかりませんが、まずは、無駄な電気、水、燃料を使うことなく、車もなるべく使わないようにします
そうそう、釜石で銀行ATMをこじ開けようとしていた男が逮捕されたとか・・・こういった状況だと治安も乱れがちです。一人ひとりのモラルをしっかりともって、助け合いの精神が治安を守ります。頑張りましょう!

救援物資もドンドン岩手に入ってきているようです。大きな被害があったところへ早く到着してほしいです。

震災から5日が経ちました~東北関東大震災~

久慈市内ではだいぶライフラインが復旧したようです。
電気ガス水道はある程度いっているようです。ただ、浜方面はまだ一部使えない場所もあるようです。

テレビの報道では、大船渡、陸前高田、宮古、釜石など、県内各地の情報が伝えられ、避難場所への安否確認ができるよう、避難者を発表しております。
災害ダイヤル171もかなりの効果を表しています。

スーパーなどでも店内で買い物ができますが、非常食になるようなカップ麺や缶詰、水や菓子類、乾電池や懐中電灯、その他棚には物がないところもありました。
企業努力というか、スーパーやコンビニもなんとかある商品で対応できるような仕掛けをしてくれています。本当のありがたいです。

ただ、こういった状況で、過剰に買い占めている方もいるのが現状です。
昨日、あるスーパーでおばあさんがそこまで買うか!?というくらい水や食料品をカゴ3つに山盛りにしていました。一概にどうなの?とは言えません。避難所に持っていくかもしれませんし、自分の家がその状況で、近所の方と分け合うための買い占めかもしれません。あんなに山盛りに買う人を初めてみたもので・・・
首都圏のスーパーでは、米や食料品を買い占める傾向があると報道していただけに、秩序を守ってほしいですね。

さて、連日の報道で、福島の原発の報道をしています。
最高基準で安全が約束されていた原発が、このような事態になっていることに憤慨しておりますが、電力の供給にはなくてはならない施設だけに、早急の対応をしていただきたい。
さきほど、第2号機も爆発音が聞こえたとの報道が・・・とにかく安全確保を最優先に、包み隠さず報告してもらいたいです。

日本青年会議所が、独自の支援物資輸送を決定。準備に取り掛かっているそうです。
東京都やその他の機関でもまだやっていない物資輸送。フェイスブックを通じて、仲間が集結し、東北の被災者に少しでも早く届けようと動いております!さすがです!すばらしい!
この行動力こそJCの醍醐味のような気がしましたね!メンバーとしてとてもうれしい限りです。

さて、まだまだ被災状況はひどくなっていますが、復興に向けて後押ししていきたいと思います。
安否確認も徐々にできています!テレビ、ラジオなど情報を収集してドンドン流して下さい!

東北の底力を今ここに示すときです!

湯けむり天気予報


-天気予報コム- -FC2-

今日はどんな日?

QRコード

QR

6すけってどんな人?

ようこそ!
プロフィール

6すけ

  • Author:6すけ
  • 1974.08.20
    A型/しし座

    趣味;
    映画観賞
    飲み会
    PCいじり
    ラーメン食べ歩き
    サングラス収集
    ビリヤード
    手料理(和洋中等問わず)
    真夜中のドライブ
    エ○画像&動画閲覧(!?)
    旅行(行ったことないとこへ)
    FP技能1級資格取得(ファイト!)
    痩せる為の努力(負けるな!?)
6すけの目標とお知らせ
カテゴリー
6すけの今日の気持ち
リンク
6すけのお買い物箱
お買い物するならここ!6すけの独断と偏見で厳選した商品が盛りだくさん!! こちらをクリック!↓↓

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。