スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の時間

一日は24時間と決まっている。どうあがいても、20時間になったり48時間になることはない。
その時間の中で、すべてが動いています。寝て起きて食べて走って考えて、笑ってしゃべって涙して、つまづいてくしゃみして…行動だけでもさまざまあります。

自分の一日における仕事の時間はかなりのウェイトを締めている気がします。
一日24時間の中で、朝8時に出社して、帰りは20時~21時。12時間は仕事に費やしている。
とはいっても、お昼したり、移動したり、たまにはサボったりすることもしばしばある(爆)。
だが大きいことは確かだ。9時~17時ってのが理想だと思うが、そんなにうまくいかない。
効率の問題もある。自分は効率いい方だと思うが、無駄な動きもしている。
午前中小久慈に行ったと思えば、そのまま大川目(琥珀の山越え)。お昼をしてそのまま夏井(久慈高校の山越え)そんでもって大野まで(夏井からおおの道の駅まで)。戻って侍浜…。
まともに移動してその距離50km。山越えて実になる仕事になってればいいが…

仕事の効率はどうやればうまくいくんでしょうかね。
一日の仕事でその三日分の成果を出せればいいんでしょうが。

前に読んだ雑誌で、成果が上がらない人は、“足し算の思考”だそうです。
一つのことを、ひとりにひとつずつ伝える。それを10回やる。もちろんやった仕事は10回やったので10回分の成果を感じる。やった“気”になる。
これを20日やればかなりの回数をこなした事になる。200の成果です。

仕事はしていると思うが、それが“結果”につながっているか?

やっていることを考えると“動いている”という結果が残せている。


成果が上がるようになった人の発想はこうである。

一つのことを、数人集めて伝える。数人は例えば5人と仮定しても、5回のことを1回で行ったことになる。それを一日2回(午前と午後)、計10回やったことにして、それを20日やれば…
同じ成果、200の成果となる。
実際に動いたのは、一日のうちたった2回である。

これが“掛け算の思考”です。

仕事の質 × 仕事の密度 × 仕事の時間 = 成果

これが今の効率“足し算の思考”だと、

仕事の量 + 仕事の量 + 自分の時間を仕事に費やす = 成果  (!?)

である。

仕事の質は、自分の影響力の大きさで、仕事の密度とは、同じ拘束時間の中でいかにムダな時間を省いて仕事をするかということです。
簡単なわかりやすい一例では、「メールの送信」。ひとつのメールを送るのに、一回ずつ10回やるのと、“一斉送信”で一度に10人の人に送信するのとどっちが効率的か!?
後者がいいに決まっています。
前項で述べたのには多少無理な面もあります(人を集めてそれを伝えるという行為)。集めるための仕事をしなくてならないわけで…(汗)
でも、時間のかけ方を変えるだけで効率があがるのであればいい方法だと思います。
無駄な時間を極力減らし仕事の密度を高めるには、打ち合わせや会食の場所と時間はできるだけ集中。最短ルートの中で極力多くの仕事をこなすようにスケジュールを立てること。つまり、自分は動かず、人に来てもらう。それが『時間単価』をアップさせるテクだそうです。

自分の仕事の時間を効率よくつかっていますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

湯けむり天気予報


-天気予報コム- -FC2-

今日はどんな日?

QRコード

QR

6すけってどんな人?

ようこそ!
プロフィール

6すけ

  • Author:6すけ
  • 1974.08.20
    A型/しし座

    趣味;
    映画観賞
    飲み会
    PCいじり
    ラーメン食べ歩き
    サングラス収集
    ビリヤード
    手料理(和洋中等問わず)
    真夜中のドライブ
    エ○画像&動画閲覧(!?)
    旅行(行ったことないとこへ)
    FP技能1級資格取得(ファイト!)
    痩せる為の努力(負けるな!?)
6すけの目標とお知らせ
カテゴリー
6すけの今日の気持ち
リンク
6すけのお買い物箱
お買い物するならここ!6すけの独断と偏見で厳選した商品が盛りだくさん!! こちらをクリック!↓↓

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。