温泉大好き・6すけが、日常感じた事・体験した事・疑問に思った事・ムカついた事・可笑しかった事をもやっとカキコする“裏けむり日記”。どうぞよろしく!
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
逝く 
2009/06/20 Sat 14:35
昨日、新聞をふと読んでいると、慶弔欄に盛岡に住んでいる友人の父の名前が載っていた。

67歳。

まだこれからってときだったと思う。


すぐに友人の自宅へ向かった。友人はちょっとそこまで出かけていていなかったが、上がってくださいというので、遠慮なく玄関をくぐった。
重々しい雰囲気かと思いきや、明るく笑顔で迎えてくれた友人の母。気丈というべきか…
変わり果てた姿のお父さん。お顔を拝見し、手を合わせた。
高校生の時、よくお邪魔してはゲームしたり、奥の部屋で遊んでいた。たまり場的な感じになっていた。隠れてお酒も飲んでた。そんな想い出のある部屋は片付けられ、お父さんが横になっていた。
物静かな感じのお父さんといった感じだったが、実際は頑固一徹、昔のオヤジといった感じだったそうだ。
友人が戻ってきた。顔を合わせた瞬間、目頭が熱くなった。
彼もそれを察してか、明るくあっけらかんとして語った。
「ほんと頑固だったからね!絶対切らないって意地張ってさ」
お父さんの死因は、肺がんだったそうだ。
4月の中ごろに調子悪くなって県病へ行ったところ、がんを発見。即入院となったが、意地で退院。
しばらく落ち着いていたが、5月末に容態が急変。再入院し手術を促したが、死期を察したのか、延命措置を拒否し、木曜に亡くなられた。

友人は今盛岡に住んでいる。最近2人目が産まれ、元気いっぱいにはしゃいでいるそうだ。
奥さんも同い年、よく飲みに行ったりした。そう言えば二人を会わせたきっかけって、オレだったんだよね。二人は長中通しでもあったし、話あったからね。
そんなオレってデカいキューピットですかね…(似合わね~~!)

「孫の顔も見れたし、安心してるんじゃないかな」
母親の一言に、友人の目頭もあつくなっていた。

今日20日、火葬におじゃました。

かけがえのない父親の最後を彼はどんな思い出見送っていたのか…。

一緒にいった友人・たごちゃんも
「オレ等もそんな歳になったってことだな」

前にブログに 「人は死に向かって生きている」 なんてコメ書いた気がした。
一日一日を大事に生きていくべきであり、その日その日に感謝して、過すべきだと改めて痛感しました。

月曜日が葬儀告別式。天へ召される家族へ最後の、お別れの挨拶を…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rokusuke.blog3.fc2.com/tb.php/460-27310723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 6すけの裏けむり日記 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。