温泉大好き・6すけが、日常感じた事・体験した事・疑問に思った事・ムカついた事・可笑しかった事をもやっとカキコする“裏けむり日記”。どうぞよろしく!
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
我輩は猫でありました 
2009/09/15 Tue 00:30
日曜日。オヤジさまとお昼。ひさびさの喜多八へ。ここでもチャーシュー麺をいただいた。

食べ終わり一息。

と、オヤジがボソッと…



「チャチャが…死んだんだ。」




えっ…




チャチャとは、実家に住んでいる猫である。
うちの妹さんが高校時代、同級生のチカちゃんから譲ってもらった黒白の猫である。
あの時はまだオレも高校3年でした。あれから17年…

来た時はほんと手のひらサイズくらい(もうちょっと大きかったかな!?)で、かわいい、ちょびヒゲの猫でした。


いろんな思いがこみ上げてきた。

人のいるところが好きで、いつも後を着いて来る。一緒に寝てた

思えば、うちの母がチャチャ大好きで、面倒を見ていた。
じいちゃん、ばあちゃんがいつも座っていたソファーの横にちょこんと座ってたかと思ったら、丸まってゴロリ… よく寝る猫じゃ。

夏場はいつもケンカして帰ってきてた。顔中引っかいて動物病院へ。また「来たか…」が先生の口癖…
最近はちょっとした事故で足をなくしたが、元気いっぱいに走り回っていた。


オレの一番の思い出に残ってるのは、ちょうど8年前、9月11日夜。

たまたまNHKのニュースを見始めたとき、さっきまで寝てたチャチャがテレビに向かって大きな声で泣き叫んだのを思い出した。
びっくりして母と何事かと唖然としてた。その5分後…


飛行機がビルに突っ込んだ。


何かを感じていたんだろうか。



母親の葬儀の日、祭壇前の座布団の上にちょこんと座り遺影を見つめるチャチャ。

お前も悲しんでいるんだね。



オレの人生の半分を一緒に過したことになる。
17年という長い年月を生き抜き、何不自由なく過してきた幸せものだったと思う。

オヤジは目頭を熱くしていい人生だったなと思いふけていた。


家族の一員として過してきた日々を、決して忘れません。
天国で母ちゃんと一緒に遊んでてください。





泣きながら書き込んでるのでちょっとへんな文になりました。
すんません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rokusuke.blog3.fc2.com/tb.php/543-636f04d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 6すけの裏けむり日記 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。